人との交流が苦手な方必見!飲み会から得た3つの気づき!!

Pocket

おはようございます。

人材育成コンサルタントの籾田です。

 

先週もバタバタで土日と外に出ずっぱりで久々朝の時間を使うことが出来ています。

 

そういえば、先週末の金曜日普段からよくコンタクトを取る方たちと少人数の飲み会をしてきました。

それこそ20代以来、夜中まで3件のハシゴをしてきて、何か懐かしい感じになりました。

ちょうど3人ずつ男女いますし(*^_^*)

 

ただ、残念なのが私は車で来たので、お酒を飲みたい気持ちを何とか抑えて過ごしてきました。

また、私自身こういったコンパでもなく、同僚でもないような飲み会にほとんど参加してこなかったので振る舞い方がイマイチわからなかったこともあり、ちょっとぶっきらぼうにした姿を出して他の方に気を使わせてしまったかもしれません。

今後は、必ず飲みの場では楽しまなきゃと心に誓いました。

 

私だけではないと思いますが一人起家は、どうしても部下や先輩・上司もいないので単独行動になりがちです。

一人で考え一人で決めて、一人で行動します。

 

そうなると、分かってはいるものの考え方がひとりよがりになり、固執してしまい、いわゆる浮く傾向にあります

 

そこで、今回の飲み会で私自身が気づいたこと・学びになったことを人材育成の観点も踏まえてシェアしていきたいと思います。

 

肩の力を抜く

まず、一人で起業活動をしていると普段から考え続け、不安との中で肩に力が入り続けていることが多くなりがちです。

あまりそれが長引くと、もっとガチガチになり、柔軟さもなくなりそれが表面にでてしまい、空回りが増えてきやすい状態になってなってきます。

 

やはり、そうならないため、心が安定した状態で仕事に取り組めるようになるためにも息抜きを入れた生活も取り入れていくことが大切です。

垣根を超えたお付合いができる

私は以前から、自身が不器用なのもありますし、昔からお付合いで飲むということもほとんどしてこなかったので、こういった飲み会にはほとんど参加してきませんでした。

 

しかし、今回参加して思ったのは、業種業界・肩書等関係ない中での繋がりがある中で、少人数だからこそのぶっちゃけ話もできたので今まで知りえなかったことも知る楽しみもでてきました。

そこにヒントがあるかも

この少人数というのがミソで、大人数だと話せないことや普段人にも言えないことを密に話せて、その中から自分の課題がみつかったり、悩んでいたことの解決策が見つかることも大いにあります

まとめ

もしかしたら、人との交流が苦手が故に、私のようにあまり外で飲まない、プライベートでもあまり人と会わない、と、お付合いが少ない方もいるかもしれません。

 

ときには、自分のスタイルからズレたことも経験してみるのもまた、次の道へのキッカケになる出来事に遭遇するかもしれませんので、ぜひ、苦手だな!と思うことにも取り組んでいって欲しいと思います。

 

 

本日もご一読頂きありがとうございました。