一人作業をする方!あなたの力が発揮できる時間帯は3つのうちどれ?

Pocket

熊本の人材育成コンサルタント籾田龍一

おはようございます。

熊本の人材育成コンサルタント籾田龍一です。

 

最近は忙しくなり、こちらの記事を更新するのも朝や夜バラバラになっています。

 

実を言うと、あえてそうしている部分もあります!

何故かというと、私がこういったブログを書くのが初めてということもあり、いつの時間帯に作業するのがポテンシャルを高く保てるかをテストしているからです。

 

朝一のときもありますし、夜寝る前、他の仕事の隙間時間などいろいろ試しています。

 

その中で自分なりに気づいたそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

朝一

【メリット】

 

よく成功者は朝が早いと言われていますが、そのことが少しわかったような気がします。

 

朝一は、まず頭がスッキリしているので、スカッとした状態で取り組むことができます。なので、よけいな事を考えず、スラスラ書くことができています。

(何故かあまり考えなくても、知恵を無理やり絞らなくてもスイスイ進んでいきます)

 

また、朝一は外もまだ静かなので雑音も少なく集中しやすく目の前のことに没頭しやすいです。

 

さらに、太陽が昇るときなので、心も体もいいエネルギーを受けている感覚になります。

 

 

【デメリット】

 

なんといっても、朝が弱い人には、起きるのが辛いです!

私のことですが(^^;)

いきなり慣れていないことをすると、やっぱり今までの生活スタイルとは違うことになるので、少々頑張らないといけないです。

夜(就寝前)

【メリット】

 

今日一日あったことをまとめるにはとても良いです。年を重ねると記憶力も薄くなって、昨日のことも思い出せないこともしばしばです。

一晩寝ると忘れてしまうので、記憶の新しいうちに、今日のことは今日済ませておくと後ろ髪ひかれずに、明日へと向かうことができます。

 

 

【デメリット】

 

食事やお風呂も済ませた後になると、ゆっくりモードになっていて中々手につかないです。

また、一日の疲れもあり、雑念やTVなどの誘惑もあったりと、作業が進みにくいです。

今日のうちにしなければと思っていても、気が入らないので、先延ばしにしてしまいがちです。

隙間時間

【メリット】

 

他の仕事の合間や電車やバスなどの移動時間などの時間を有効活用できます。

いわゆる、無駄な時間を作らない!

溜まっている仕事を隙間時間にこなすので、効率が良いです。

 

 

【デメリット】

 

他の仕事の合間や移動時間だと、短い時間になったり外の雑音の中でなるので集中しにくく、頭をパッと切り替える必要があります。

 

また、私のように記事作成などになると、少しずつ進めるので、文章がチグハグになったり、同じことを書いたりと作業がどうしても雑になってしまう傾向になります。

結局後で訂正しなければいけない事態を招いてしまいます。

 

ときには、そのとき取り組んでいる仕事に支障をきたしたり、電車を降りる駅を間違えたりと、ミスが起こりやすくなってきます。

まとめ

今まで私が検証してきて思うのは、どれも正解はないし、どれも正解だと思います。

取り組む作業や内容によって、やりやすい時間帯というのもありますし、そのときの状態や人の感覚によっても変わってきます。

しかし、こういったテストをしてみることで、自分のスタイルや得意不得意がわかってきますので、今後の仕事に生かせると思っています。

 

ぜひ、皆様もいろいろ試して自分なりの仕事の取り組み方を築いていってください!

 

一応、今回で唯一オススメするとしたら、朝一の時間を有効活用すると気持ちよく一日が始まる感じがしました!

 

 

本日もご一読頂きありがとうございました。

熊本の人材育成コンサルタント籾田龍一でした。