アンカリング効果でベストパフォーマンスを作り出す!

Pocket

こんにちは!
熊本の経営コンサルタント籾田龍一です!

「アンカリング」とは
意図的に自分がベストパフォーマンスを発揮する状態を作り上げること、です。

ひとことで言うならば、「条件づけ」とされますが、
「ルーティーン」もその1つと考えていいでしょう。

自身の反応への引き金となる「アンカー」を意識的に活用しましょう。

自動スイッチの刺激と反応

熊本の経営コンサルタント籾田龍一

「条件づけ」というところで有名なのが「パブロフの犬」です。
聞いたことはあるかも知れませんが

犬に餌をあげるときに「ベルを鳴らしただけでヨダレを垂らす
アレです^^

私たちが自動反応している例としては
・蛍の光が流れたら、閉店の合図
・卒業アルバムを開くと好きだった人を思い出す
・あの曲を聞くと、その当時の記憶や気持ちを思い出す
・梅干しを見ると唾液が出る

この刺激と反応がワンセットになっている状態が、まさに「アンカリング」といえるでしょう。

アンカリングを引き出す

「アンカリング」というのは英語の「碇(いかり)」からきています。
船を固定させるためにおろす「碇」=アンカー、
要は、特定の状態に自分を固定化させる、といったような意味になります。

NLP(神経言語プログラミング)というものがありますが
そこでは目標達成や豊かで幸せな人生を送るために「アンカリング」のスキルを活用します。

「アンカー」は「イメージと感情」が強い引き金になるので
五感で感じ、身体で体感するのが一番です。

簡単な例で言うと
・起立して姿勢を正して深呼吸をする
・図書館へ行っていつもの席に座るとお仕事モードになる
・うまくいった時に「ガッツポーズ」をする

これらは「アンカー」となります。

芸能人格付けチェックなる番組がありますが
出演するGACKTさんが、正解した時に必ずそれなりの「ガッツポーズ」をするのは
意識的にアンカリングしているのではないか?と思います^^

アンカリングのコツとポイント

「アンカリング」するにはいくつかポイントがあります。

ピーク直前の感情を結びつける
イチロー選手がバッターボックスでヒットを打つ直前に行っている動作
あの侍ポーズが該当するでしょう。

・強い状態
GACKTさんが「正解!」となった時に「よっしゃー!!」と行うガッツポーズ。
これはまさに自身の強い状態といえるでしょう。

自分目線
自分を俯瞰している視点ではありません。
当該者意識になって、「自分から見えている目線・景色」これが重要です。
「あなたが今見えているその風景」ということです。

・繰り返し
反復は力なり」です。
いつでも発動できるように簡易的かつ正確に繰り返します。
何度もの繰り返しによって「アンカー」は強化されます。

ある意味では望ましくないアンカーが存在してしまうこともあり得ますので
「意図的に良いアンカー」を作り出し、そうでないものは排除していきます。

人生をより良く変化させ、「望む結果」を得るためにとても重要な要素です^^

熊本の経営コンサルタント籾田龍一でした。