イベントやマルシェ出店は以外な効果を生む可能性がある3つのポイント

Pocket

 

こんにちは!

熊本のwebコンサルタント籾田龍一です。

 

新しい年も明けしばらくたち、もうお仕事になれてきた頃ではないでしょうか!

私は先日、知人が出店していたイベントに少し顔を出し、そのついでにほかの出店者ともいろいろお話してきました。

(※画像は今回のイベントとは関係ありません。)

私の今まで携わってきた仕事ではイベント出店という形を取ったことがなかったので、今回も今まで知りえなかったことが垣間見えてとても良き学びとなりました。

その中で今回得た気づきや学びをシェアしたいと思いますのでご参考なればと思います。

特に、から揚げや最近のタピオカ屋などの飲食関係だけでなくアクセサリーやハンドメイドを販売されていたりする方にもおすすめです。

売り上げ

率直に言うと、イベントの大小はありますが、売り上げに直結します。

対面営業で、尚且つほぼ現金支払い、そして、イベントということでお客様の気分も高揚しているが故に財布の紐がゆるくなっています。

子供向けに対しても、親御さんの気持ちとして、「今日くらいは楽しませよう」という気になっているので、普段よりもいろんなことにお金を使うようになっている気がします。

私個人の意見ではあまり売れないと思っているような、ハンドメイド作品店でも一日10万円売り上げることもざらにあるようです。

 

一番ビックリしたのは、東京にはなりますが、そちらで出店したときは一日120万円売り上げた肉屋さんでした。

 

結局、イベント出店は意外なほど売り上げる可能性があることがわかりました。

認知してもらうキッカケ作り

特に、個人で事業や商売を始められる方はまだそれほどの認知がありません。

こういったイベントやマルシェに出店して、一見さん対しても知ってもらう機会を作ることで後々お店にきていただくことも考えられます。

出会いの場

こういった場合は何もお客様との交流だけでなく、主催者や他の出店者との繋がりが持てることも一つの利点となってきます。

 

次のイベント詳細を教えていただいたり、他店とジョイントできるような仲間との出会いがある可能性もあります。

 

まとめ

今回のイベントでお聞きしたことも自身も思い込みだけで判断していると、大きな可能性を見落としてしまいがちになります。

 

もし、イベントやマルシェなどの出店を躊躇している方がいましたら、今一歩踏み出し、チャレンジしてみたらいかがでしょうか!

 

思わぬ出会いやビジネスチャンスが転がっているかもしれません。

また、業種によりますが、起業初期段階の方はこういった場所で経験を積むことも一つの成長の場となることでしょう。

 

本日もありがとうございました。熊本のwebコンサルタント籾田龍一でした。