「たちつてとなかにはいれ」で気まずい沈黙の時間を作らない

Pocket

様々な会話の基本とされている「たちつてとなかにはいれ」
耳にしたこともあるでしょうか?

特に関係性が出来上がってない人との「沈黙の時間」って
耐えがたい人も多いのではないでしょうか?

そんな時はスムーズにひと言目を発することができる
「たちつてとなかにはいれ」がお勧めです^^

ひとつひとつ例題なんかも交えながら進めていきたいと思います。

「た」は「食べ物」

好きな、苦手な、はもちろん
今日のランチの話題、おススメのグルメ店、お酒のたしなみ具合など
趣味嗜好や情報交換みたいな感じでお話しやすいのではないでしょうか?

「ち」は「地域」

「ご出身はどちらですか?」
一瞬で「ラポール」を築くことのできる魔法の言葉です(笑)
同郷だったりすると、それだけでもりあがることはよくありますよね?

知らない土地であれば、名産品や特産物はじめ、その人しか知らない
土地事情なんかも話合えて、面白話ができそうです^^

「つ」・・・「通勤」

「必ず誰もが行うルーティン」と言っても過言ではないでしょう。
電車なのか、車なのか、ウオーキングなのか、自転車なのか。
所要時間や、お住まいの地域のお店の話なんかであれば考えなくてもお話できてしまいます。

「て」は「天気」

誰にも迷惑をかけない、当たり障りのない、人畜無害のネタのお鉄板と言えば、これ(笑)
今日の天気から季節ネタ、それにまつわるエピソードなど会話が広がります^^

「と」→富(景気)

経営者であれば「景気」に関する話題は関心があります。
好景気・不景気によらず、ガソリン代の高騰や経費関係の増減
逆に儲かっている商売や新ビジネスなんかの話題であれば興味をそそるでしょう。

「な」は「名前」のな

名前を覚える、覚えてもらう、ということは基本ではないでしょうか?
珍しい苗字や特徴ある名前、漢字であれば
どのような歴史や家系、親御さんの想いなどに触れることができるのではないでしょうか。

「か」は「身体」のか

健康に関すること、美容に関すること、この辺りは気にされている人も多いです。
体格がしっかりとした人なら「何かスポーツされていたんですか?」
などと、話題の切り替えや趣味嗜好に関してもキャッチボールできるかもしれません。

「に」は、いわゆる「ニュース」

大きな話題、小さな話題、トピックスなどはチェックしておきましょう。
自分のため、世情を把握するためは勿論、
何気ない会話にも使える内容は、大体毎日何かあります。

「は」それは「流行り」

「流行」という最近話題になっていることは、盛り上がりやすい傾向です^^
世代が近い人なら「昔の流行」で、ある程度いけてしまいます(笑)

「い」それは「異性」

下ネタではございません。TPOによっては下ネタもありかも知れませんが^^;
好きな芸能人とか、タイプなどに軽く触れてみるのは、ありでしょう。
男性同士、女性同士、ダイエットネタなんかは普遍ですよね(笑)

「れ」は「レジャー」

旅行や遊びに行くのは好きなのか?インドア派?アウトドア派?
次の連休の予定はあるのか、休日の過ごし方であるとか。
踏み込み過ぎない程度に聞いたり、話したりするのはお互いを知るきっかけになります。

いずれも、きっかけ作りとしての切り口になります。
ビジネスだけでなく、色々なシーンで使えることでもありますが

「その先」に
話を弾ませたり、魅力に気付いたり、興味が湧いたりといった状況が発生します。

「天気」の話をして、そのまま終わってしまっては、すぐ終了となってしまいますので^^;
「雨の日はどんな過ごし方をするんですか?」とか
「次の日曜日は晴れたらバーベキューをするんですよね」とか

そこから話題を広げる、組み合わせていく、といったことで
お互いの会話が回りだしますので、楽しいひと時に変えてしまいましょう!