経済成長について私の考え

Pocket

私は、経済成長を優先させるべきであると考える。

なぜなら、

経済の成長は、有効な格差や貧困対策になると考えるからだ。

全体が豊かになれば、下層の人々は深刻な貧困から脱却できる。

また、我々国民は、日本経済は成長していると感じられる場合は、

仮に現在の暮らしが満足いかないレベルだったとしても希望をもって暮らす事ができるはずだ。

現在の日本は、経済の成長にまったなしの状態

しかし、現在の暮らしに満足できない。しかも、日本の経済もどん底。周りには格差がどんどん生まれている。

そうした状況の中で、国民は希望をもって暮らす事ができず、問題をより深刻にとらえる風潮に陥ると考えられる。

また、現在の日本は、経済の成長にまったなしの状態である。

少子高齢化、労働人口の減少。

つまり成長するためには生産性の向上は不可欠だ。そうでなければ、福祉や社会保障は維持できなくなり、

国家財政の赤字も膨らむ一方である。

不況から脱出できない中小企業との、格差は今後も大きくなる

次に、

経済が成長するという事は、ビジネスを成功させた企業は、さらに成長を続けその恩恵を国民が得られることになる。

不況から脱出できない中小企業との、格差は今後も大きくなるだろう。

しかし、格差が広がったというのと、貧困が増えたというのは、問題が違う。

格差が大きくなり、かつ経済が低迷するなら、貧困の問題はより深刻になるだろう。

まとめ

上記で述べた事から私の考えは、

まずは、経済の成長を最優先に考え、

格差を是正し、貧困の対策をおこなっていくのが私の主張である。