なぜ?ホームページで成功している会社が少ないのか?

Pocket

近年、ネット社会と言われるようになり、ホームページを持っていない会社はほとんどありません。

ホームページは、ビジネスにおいて二つの点で重要なツールだと考えています。

一つ目は、自分の会社やお店のことを知ってもらうということです。

二つ目は、会社の信頼性を確保するということです。

 

このホームページを制作するには、自分で作ったり、制作会社に依頼したりといくつかの選択肢があります。

ここでは、制作会社に依頼する場合について、私の考えをお伝えしていきます。

ホームページを制作する会社には、大きく分けて3種類ある

まず、ホームページを制作する会社には、大きく分けて3種類あります。

1:システム系の会社

2:デザイナー系の会社

3:マーケッター または コンサルタント系の会社

「1:システム系の会社」とは、文字通り、システムを作るのが得意な会社です。

この場合、作る技術を持っているから、ホームページを制作しているというパターンになります。

次に、「2:デザイナー系の会社」、チラシや広告のデザインが得意な会社です。

新しい事業として、ホームページの制作もやりはじめたというパターンが多いです。

見た目が綺麗なホームページを作るのは、とても得意な会社です。

しかし、中身が伴っていない、要は内容が伝わらないホームページが多いのも特徴です。

最後に、「3:マーケッターまたはコンサルタント系の会社」はどうでしょう?

彼らは、システム(コーディング)もデザインも出来ません。

そのため、制作に関する部分は外注することになってしまいます。

しかし、ホームページで成果を出すための方法を知っています。

また、そのために必要なプロセスを着実に進めていきます。

あなたは、この分類を見てみて、どの会社に頼みたいと思いますか?

ほとんどの方が、成果がでるのであれば、「3:マーケッターまたはコンサルタント系の会社」を選ぶのではないでしょうか。

ところが、一番のネックになるのは高額な費用です。

具体的な例をあげると、

ホームページ制作の依頼を受けた「3:マーケッターまたはコンサルタント系の会社」は

〇「1:システム系の会社」にシステム制作を外注・・・30万円

〇「2:デザイナー系の会社」にデザイン制作を外注・・・30万円

〇「3:マーケッターまたはコンサルタント系の会社」の費用・・・100万円

※ホームページのページが追加になる毎に+5万円とした場合、5ページ追加で+25万円

諸経費などを含めると約200万円近くの金額を提示してきます。

売り上げの大きな企業であれば、投資できる金額かもしれませんが、中小企業だとなかなか難しい金額です。

また、ホームページは作っただけで終わりではなく、メンテナンス費用などのランニングコストがかかります。

そう考えると、出来れば安いところに頼みたいと考えたくなることでしょう。

そんな中、ホームページ制作の営業をしてくるのは、「1:システム系の会社」や「2:デザイナー系の会社」です。

金額だけで選んでしまうので、結果的にホームページで失敗してしまうのです。

私の感覚では、日本企業の8割はそのパターンで失敗していると感じています。

もし、本当にホームページで成果を出したいと考えているのであれば、ぜひ私に相談してください。

あなたの会社にとって、最適なホームページを一緒に作り上げていきましょう!