行動を変えるには、環境を変える

Pocket

今回は、私の個人的な見解を思いつくまま書いてみる。

当たり前だが、

人は、きつい事や、面倒くさい事から逃れたいと思う生き物である。

そんな私も、自分に超がつくほど甘いので、

ついつい怠けてしまうことが多い。

 

特に近年は、私が代表を務める会社から社員がいなくなってしまった。

 

そんな環境だと、ひとりで仕事をしている時間が長くなり、いくらでもサボれる時間がある。

 

でも、私は「そんな時間の使い方はしない」と心に決め、改善できるようになった。

 

その方法はいたってシンプルだ。

 

それは、”目標を掲げる”ということ。

なぜなら、

 

大変だとわかっていても、達成できたら嬉しいだろうなぁ~とワクワクする目標を掲げると、

 

私の場合は、どうしてもチャレンジしたくなるからだ。

例えば、

 

プライベートでは、100kmマラソンやトライアスロンに参加したり、

 

家庭教師をつけて、もう一回、大学受験を受けてみたり。

 

仕事では、今まで避けて通っていたプロジェクトをやったり、

 

これまで相手にされなかったような大きな会社に営業をかけたり。

 

などなど、

 

いま私の中ではいろんなプロジェクトが進行中である。

しかし、目標に向かっていこうとする気持ちと、

 

その気持ちを持続させて、結果が出るまで行動し続けるのは別の話だ。

 

目標を掲げて挑戦する事は、素晴らしい事である。

 

ただ、私も以前から、そういうことをやるような性格だったかと言えば、

 

まったくそうではない。

 

根は、

 

不真面目で、めんどくさがり、言い訳が多い。

 

きついことも大嫌い。

 

そんな感じの人間だ。

 

とにかく自分の弱さを自覚したのは、

 

30歳を超えてから、

 

もっというなら、最近、ようやく自分の特性を知って、はっきり認識できるようになった。

 

自分で自覚できるようになったことで、改善できる方法も手に入れることが出来たのだ。

 

その方法はズバリ、

 

”環境を変える” または、”環境を作る”

 

ことだった。

 

運動が嫌い。

 

ならば、

 

大会に無理やりエントリーして、運動しないといけない環境を作る。

 

ひとりでは練習が長続きしないなら、仲間にも大会にエントリーしてもらい一緒に走る。

 

セミナーや講座も、やりたくないけど、先に場所を押さえてしまい、開催しないといけない環境にする。

 

仕事も、個人コーチにお願いして、行動をしないといけない環境を作る。

 

行動を変えるには、環境を変える。

 

とてもシンプルな方法だが、強制的にやらざるを得ない状況を作ることが出来る。

 

以前の私のように、自分に甘いと自覚している人にはオススメしたい。

 

 

 

もう一度、実際にやることをまとめてみよう。

 

まず、”目標を掲げる”

 

目標は、自分自身で「達成できたら嬉しい、ワクワクする」ものにすること。

 

そして、目標を達成するため ”環境を変える” ”環境を作る”

 

特に大切なポイントは、周りを巻き込むことで、強制力を持たせるようにすることだ。

 

 

私は、常にこの考えを意識して、今日も環境を変え行動し続けている。