大量行動と客観的視点

Pocket

こんにちは。和田です。

先週、ウルトラマラソンから帰ってくると、怒涛のような日々を過ごしました。

お客様への貢献をコミットするため、コンサルティングを朝から晩まで行い、

その後に東京へ移動するというハードスケジュールを過ごしました。

東京でも新しいプロジェクトをスタートさせ、東京スクール事業をようやくスタート。

その中で、たくさんの素晴らしい方々とお会いする機会があり、本当に実りの多い一週間でした。

考えてみれば、10月もあっという間に終わってしまいました。

そして、気が付けば残り2ヶ月で2018年も終わりますね。

最近は凄まじい勢いで時間が経つので、少し恐怖心すら感じます。

しかし、寝ていても動いていても時間は待ってくれないので、私自身はどんどん動いて行動を増やしています。

私が常に意識しているのは、

「決めてしまう」ということ。

〇日程を決めてしまう。日程をおさえてしまう。

〇会場を決めてしまう。会場をおさえてしまう。

〇予約してしまう。約束してしまう。

自分ひとりで考えてしまって、なかなか決めれない事も、

人が絡めば、決めてしまわなければいけません。

そうする事で逃げれない状況に自分の身を置きます。

時間はどんどん迫ってくるので、準備も必要です。

時間を調整しながら、自分自身を現時点のベストな状態にアップデートします。

この時に大事なのは、主観で物事を判断しない事です。

必ず第三者の人に、客観的に判断してもらい、

主観的な自己満足にならないようにするのがポイントです。

客観的に見てもらうことのメリットは、

1、主観的から客観的になれる。

2、さらに効果的につながるヒントをもらえる。

3、自分では気が付かなかった相手(顧客など)にメリットとなるポイントがわかる。

上記のような情報が得られると、

計画や準備を修正して、実践を繰り返す流れになります。

結果として、一日が過ぎるのがとても早くなり、

一週間も怒涛のような毎日になりますが、

今まで以上に充実した時間を過ごせるようになります。

【編集後記】

しかし、本当に子どもの成長は早いですね。

あっというまに言葉を覚えて、あっというまに大人のまねをして、
どんどん自分のものにして習得していきます。

私の悪いところも真似してました。いかん。いかん(笑)

家庭でも客観的に見れるようになると、いろいろな気付きがありますよ。