増税対策のため新たな施策を!企業も家庭も!

Pocket

熊本の経営コンサルタントの籾田龍一

こんにちは!

熊本の経営コンサルタントの籾田龍一です。

 

少し昨日の続きになりますが、本日買い物をしていてさっそく増税のあおりを受け支払い時に戸惑ってしまいました。

ついいつもの値段と思っていたのが、価格上昇していて財布からお金を出すのがいつもに増して重くなるという始末(^^;)

 

消費税が誕生してからというもの何度かの増税での経験でその都度受け入れてはいますが、やはり初めのうちはまだショックがでかいです。

 

私も含め、しばらく経つと皆さんも慣れてくるのでしょうが財布に優しくなくなるという厳しい現実なのはたしかなことです!

 

しかし、ただ不満ばかり言っていても仕方ないのでその対策は各々で対応していかなければなりません

現実を受け入れる

熊本の経営コンサルタントの籾田龍一

単純にいうと支出を減らすか、収入を増やす

 

まずわかりやすく言うとこれしかありません。

そのためには普段の生活を改めて見直し、工夫を凝らし今までとは少し違う生活スタイルを送る必要があります。

また、会社内でも以前と同様の行いでは、総じて予算を上回りいずれ全体を見直す時期がくるだろうというのは目に見えています。

 

早めの対策・対応をしていればよいですが、間に合わなかった方もこれからが勝負の時期に入ることでしょう。

 

増税での資金繰り圧迫を乗り越えるため、支出を減らすか収入を増やす

このことだけは頭に入れておくことが大切です。

次なる対策を

熊本の経営コンサルタントの籾田龍一

家庭であれば、食費、交際費、通信費は比較的簡単にコントロールできるのではないでしょうか!?

 

企業の場合でも普段の固定費を見直すことから始めるとともに、新しい収入源を生み出す工夫をしていくことが、これからの事業を持続・拡大していくための課題だと捉えています。

 

今までの事業内容の延長線上だけでなく、新規プロジェクトを始め新しいサービスを作ること等次なる手を打つことが重要となっています。

 

1つ気を付けなければならいのは、ただやみくもに固定費を減らすために従業員の給料を減らしたりと窮屈な経営を強いれることだけは考えものです。

 

この機会だからこそ新たな事業戦略を取り入れたり、今の現状を見直し次なる方向へ向かうためのチャンスと捉えて日々の仕事へ取り組む意識を持つことを心がけましょう!

まとめ

やはり、はっきり言って私も増税になったことはあまり快く思いません。

しかし、いつまでも不満を言ってばかりでは現状何も変わらないどころか家計や会社の財務を圧迫するだけになってしまいます。

 

これを逆手に取り、ある意味チャンスだと捉えて次なる手を打っていくことが、それぞれの成長に繋がるのではと思っています。

 

必ず道は開けると信じて!!

 

本日もご一読いただきありがとうございました。熊本の経営コンサルタントの籾田龍一でした。