ホームページを作るときに忘れてはならないポイントとは?

Pocket


こんにちは!和田真紗徳です。

先日、水上村で行われたトレイルランニングレースに参加しました!

当日は天気も良く、山の空気を吸いながら気持ち良くランニングできました^^

初参加の友人も見事に完走!おめでとうございます!

春はイベント盛りだくさん!是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう☆

■3月20日(土)【人生は短い!!】初心者だらけでサーフィンやってみようぜチャレンジ!!in宮崎県日南海岸
https://www.facebook.com/events/130171098975862

■3月26日(金)おもいっきり食って飲んで!大いに語ろう!北区会
https://www.facebook.com/events/124310319617855

■4月3日(土)【自分の限界に挑戦】屋久島1周100キロ制覇チャレンジ!
https://www.facebook.com/events/131931622131307

頭がおかしい方、一緒に100キロ完走しましょう(笑)

さて今日は、ホームページを作るときのポイントについてお話します。

ホームページを作ったのに売れない


個人でも団体・企業でも、今はホームページを持っていることは、ごく自然なことです。

無料のCMSも流行り、だれでもカンタンにホームページを作ることができますよね。

自社のサービスや製品をアピールするために、ホームページ上でキャッチーなコピーと魅力的な画像を載せるのは、有効的な方法です。

そのために、ウェブデザイン会社などにホームページ制作を依頼するのも通例のこと。

そのような専門会社にホームページ制作を依頼すると、確かに本格的な仕上がりになります。

でも「これでどんどん売れる!」と思うのはちょっと早いかもしれません;

実際過去に「専門会社に依頼してサイトを作ってもらったけど、3ヵ月経っても未だに一つも売れていない」という知人がいました。

私は、そのサイトを見せてもらいました。一見するとよくできているのですが、あるポイントが欠けていることに気付きました。

“独自性”と“集客”の仕掛けがあるか


世の中には、たくさんのホームページが存在します。

見ていただくと分かると思いますが、どんなジャンルのホームページでも、構成に共通するポイントがあります。

例えば、トップページの一番上はロゴや画像であったり、その下には新着情報やメニューがあったり。下の方には、お問合せや注文などを促すボタンが設けられていることがありますよね。

これらは、ホームページを作る上で基本的な流れです。だいたいのホームページはこのような構成でできています。

ただしここで重要なのは、この構成だからといって必ずしも売れるとは限らないということです。

例えば、保険会社のホームページを思い浮かべてみてください。

トップ画像には、笑顔の家族が、キレイな部屋や晴れた日の外にいる様子の画像が相応しいと思いませんか?

でも、それは要するに「あるある」。ありふれているイメージは、見ている人の印象に残りにくくなってしまいます。ほかとはちょっと違う視点・角度から捉えたイメージを作り出すことが大切です。

そして、そのような独自性に、さらに集客の仕掛けを盛り込むことが大切です。

集客の仕掛けとは例えば、SEO対策や見込み客を獲得するためのコンテンツの盛り込みなどです。最近では、コーディングなども細かく編集することもあります。

この仕掛けは、一見しただけでは分からないもの。でも、きちんとした裏付けのもとに仕掛けられているので、面倒くさがらず地道に取り組むことが、効果を出すための近道です。

定期的に修正と更新をして“生きる”サイト作りを目指そう

ホームページの活用は、ホームページが完成したら終わりではありません。

ホームページの作成は準備段階であって、完成してからが本当のスタートなのです。

どのくらいホームページが見られているか、サービスの利用や購入につながっているか、アクセス解析をして、PDCAのサイクルを回してゆくことが重要です。

ホームページを修正・更新せずに放置するのは、まだ住めるのに、手入れがされずにどんどん古くなり、価値が下がってしまった“空き家”と一緒です。そのようなホームページに、人は集まりません。

定期的に解析し、修正・更新をすることでホームページはどんどん改善され、価値が上がってきます。

まとめ


ホームページを作るにあたり必要なのは、デザイン・プログラミング・ライティングです。これらさえ揃えば、ホームページはできます。

でも、ホームページの目的を達成するためには、その3つに、マーケティングをプラスする必要があります。

逆を言うと、マーケティングの要素がないホームページは、どんなにデザインやコピーが魅力的でも、人の心を動かすことはできないでしょう。

本日もお読みいただきありがとうございました!

次回は『それって本当に必要ですか?持たない贅沢で豊かに生きる秘訣』です^^