3日坊主で終わらない3つのメソッド

Pocket

こんにちは、マーケティングコンサルタントの和田真紗徳です。

昨日は2年ぶりにフットサルをしてきました。

知らない人も多いかなとアウェー感を予想してましたが、
2年たっても参加している顔ぶれが変わってなかったので安心感がありました(笑)

4試合で得点は3点でしたが、2年ぶりにしてはまずまず身体が動いてくれたなという印象でした。

これからパフォーマンスを上げたいと思ってますが、

個人的に今年のテーマの1つは”身体を鍛える”です。
このテーマを原田式メソッドを取り入れて目標に組み込みました。

基本的には、この原田式メソッドは、
習慣化するためのシステムと捉えて、毎日積み重ねれるようにしています。

おかげで今まで動かなったような物事が進んでいくのが実感されます。

絶対にやらないといけない仕組みにするのが重要

しかし、こういったものを取り入れる時に気を付けたいのは、3日坊主になって途中で辞めてしまうことです。

それでは本末転倒。

というわけで、絶対にやらないといけない仕組みにするのが重要だったりします。

しかし、私もそうなのですが、自分に弱いのが人だったりします(笑)

  • 今日はキツイ
  • 気分がのらない
  • めんどくさい
  • 明日しよう

こういう言葉が浮かんでくる作業に関しては、やっぱり続かない場合が多いですよね。

しかし、みんながやりたくない一見めんどくさいけど、続けることで成果が得られるもの

例えば、

ブログ、SNS、ホームページのコンテンツ作り、ランニング、SEO対策などなど

続ける事で、確実に成果につながるものはたくさんあります。

そこで続けるためのポイントをお伝えします。

1、期日を決める

例えば、

・セミナーだったら、セミナーの内容は決まってなくても先に会場を抑えてしまう。
・マラソンだったら、大会にエントリーする。
・ブログだったら、月曜と木曜は必ず記事を更新する。

2、ゴールを決める

・セミナーだったら、30人を集客し、15人に本講座の申し込みを頂く。
・マラソンだったら、3時間以内にフルマラソンを完走する。
・ブログだったら、●月●日迄に30記事を目標にする。

3、責任者をおく

私の場合は、例えば、 
セミナーだったら、3人のメンバーで登壇します。1人10人ずるを集客するのを約束する。

マラソンなら、コーチを雇って目標を共有します。

ブログだったら、
私が更新をしないと、利益を被る人に管理者になってもらうか編集者のような役割の人を置いてます。

まとめ

このように3日坊主で終わらないような仕組みを作っていかないと、
自分に甘い私のような方には、ぜひ上記のポイントをオススメします。