明日からやる気の出ない仕事へ向かうための3つのコツ

Pocket

こんにちは!

 

採用コンサルタントの籾田龍一です。

 

とうとう本日は、最大10日間あったゴールデンウイークの最終日です。

 

皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか!?

 

長い連休どこか旅行へ出かけたり、家族との時間や趣味に充てたりと有意義に過ごされたことと思います。

 

私はというと、やはり、時代の変わり目のこの期間に個人的にも様々な出来事があり、思い出深い良き10日間になりました。

ただ、一言付け加えておくと、私の場合、10日連休というくくりはないので、ずっと休みというわけではありませんでしたが!

 

さて、明日からの仕事に備えるために、少し気分も憂鬱な中、重い腰を動かすための3つのポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

無理にやる気を出そうとしない

今思い返せば、以前私が大手企業に務めていたとき、長期連休明けは本当にやる気が沸きませんでした。

 

そんな自分が不甲斐なく

「何とかやる気を出さねば!」「モチベーションをもっと上げなきゃ」「全然社会人としてダメだな」と思ったものです!

でも、そう思ったところで、やる気が上がるわけではないし、そういうふうに考えれば考えるほとモチベーションも下がっていくのが実際のところでありました。

 

先日コーチとの会話で、出てきた気づきで、

巷では「モチベーションを上げよう!」「モチベーションアップ術」などがよく見受けられていますが、そのモチベーションに左右されている時点で、プロではない!と言われハッとしました。

たしかに、そうだな!と思い、ある結論に達しました。

 

それは、まず、やる気がでない自分を認める!

 

その上で、やらなければならないことは淡々とやる。

 

そうすることで、無理に自分を責めなくてもいいですし、気分に左右されなくても目の前のことに取り組んでいくことができます!

小さな目標を決める

大型連休で一旦気持ちがリセットされたかと思います。

その後、仕事が始まると今までと同じことをまた始めなければならないと思うとやはり億劫になりますよね!

 

そこで、今後は、もし同じような業務に携わる場合でも、小さな目標を定めておくとそこに向けて頑張っていけるようになります。

 

例えば、作業のスピードを上げる、ギリギリの出社を10分早めてみる、挨拶の声を大きくしてみる等

 

目標を決めるとよけいなことを考えなくてすむし、自己成長にも繋がるので一石二鳥です。

新しい習慣を一つ見つける

先程と同じで、今までと同じような日々を送ってしまうと、正直、飽きます。いわゆる惰性で生きている感覚に陥りやすいです。

明日も明後日も同じ!去年も何か同じだったよなぁ!と!!

 

そこで、せっかくのこのタイミングに、そんな自分から脱却して、新しい習慣を身に付けたらいかがでしょうか!

 

朝30分早起きする、1日3kmのジョギング、出社して軽く掃除、1日30分の読書等々!と

 

こういった感じで何でもいいので一つ習慣化できるものを取り入れるのも新鮮な日々を送っていけると思います。

まとめ

人間どうしても、同じことを繰り返すとマンネリ化して、やる気も次第に失ってきます。

 

そして、今回のように長期期間休んだ後というのは、明日からの仕事に対しても良きイメージをもたなくなりがちです。

 

そこで、明日からの仕事へ向かうにあたって自分なりにも工夫したり上記のことも参考にして取り組んでいって頂けたらと思っております。

 

採用コンサルタントの籾田龍一です

ちょうど時代の変わり目なので、この良きタイミングに自分の生き方にも影響を与えていったらいかがでしょうか!!

 

本日もご一読頂きありがとうございました。

明日からの仕事、やる気を出さずに頑張っていこう!!

 

採用コンサルタントの籾田龍一でした。