人は物凄い勢いで忘れていく!エビングハウスの忘却曲線

Pocket

熊本の集客コンサルタントの籾田龍一

こんにちは!
熊本の集客コンサルタントの籾田龍一です!

「人は忘れる生き物だ」

とは、よく言ったものです。
私も含め、誰しも反論の余地はないのではないでしょうか?(笑)

それを明確に示したグラフがあるのですが、それが

「エビングハウスの忘却曲線」

と呼ばれるものです。

忘れたくないもの、忘れられたほうがいいもの、
記憶は様々ですが、大体はその思惑とは反対方向へ行ってしまうことが多い…^^;

エビングハウスの忘却曲線とは?

熊本の集客コンサルタントの籾田龍一

人の脳は、1度記憶したことは1時間後には56%忘れ、1日後には74%、1週間後には77%、1か月後には79%を忘れる。
もちろん個人差がありますが、概ね「時間が経つほど記憶は減る」というのが事実です。
この忘れるまでの時間と記憶の関係を表した図を「エビングハウスの忘却曲線」といいます。

参照:ウイキペディアより

上記述は数字の「1」になぞらえてありますが、
実のところ、「20分後には、すでに42%」を忘れています。

30分もしないうちに半分近くを失い1時間もすれば半分以上も忘れる。

ギター侍風で言えば「残念~!」でしょうか。。。

そんなに忘れてしまうものなのか?

ただし、この実験結果はその人にとって「意味も興味もないもの」であったことです。
もっと言うならば、ある程度の時間間隔を空けてもう一度覚え直します。

その時、覚え直すのにかかった時間は1度目よりも短縮されます。
これを「節約率」といいますが、これをもとに表したグラフである、
という認識でなければならないということです。

なんでもかんでも、1時間後にはほとんど忘れてしまう、というわけではありません。
それでも、人間の記憶がびっくりするくらいのスピードで抜け落ちていく、
という事実観点で見れば、それは相違ないということなのでしょう。

どのようにして「忘れ」を防ぐのか?

そして大事なのは、そこからどんなことが導かれるのか?
ということです。

「そんなに忘れてしまうなら、どうすれば覚えていられるの?」
ということです。

それには「復習」をすることです。

何度も何度も、「繰り返し」入力・出力することで
その記憶は脳内に定着していきます。

脳みそ自体が「これは大切なんじゃないか?」と認識しだすんですね。

計測結果の各タイミング時点で「復習」をしてみるのが一つの方法です。

つまり、1日後、1週間後、1か月後。
このタイミングで復習をしてみましょう^^

そして、もうひとつ大事なのが「書く」ことです。

人間は「書く」ことで、その内容を記憶に定着させます。

ですから、まめに「メモ」を取ることは大切なんですね。
そして、それを見返す。

何度も何度も「反復」することで定着し、「反復」することこそが定着させるための方法だ、と言えるでしょう。

熊本の集客コンサルタントの籾田龍一でした。