これをすると失敗する-やってはいけないビジネス2つのタブー

Pocket

熊本の人材育成コンサルタントの籾田龍一

みなさん、こんにちは!
熊本の人材育成コンサルタントの籾田龍一です。

儲かっているビジネスは「ある約束」を守っています。
そして実践しています。何事も実践しなくては意味がありません。
利益を最大限に確保するためのお約束です!

と、その前に・・・

まず、大前提があります。
あなたが持っているモノやサービスを提供して、感動と感謝をもらい
収益を上げるには、「知ってもらうこと」が必要です。

ですが、ただただ売り込んでも、お客さんは拒否反応を示すだけです。

まずは、不安や警戒心といったものを取り除き
安心、信頼というものを得なければなりません。

以上を前提として、以下2点を心得ておかないと「廃業」ということにもなりかねません…

安易に安売りしない

これは実は、一番のタブーです!

1回安売りしてしまうと、「もう1回」「もう少し」「あと一声!」
というようにエスカレートの一途です(笑)

もし、それに乗っかってしまえば最後。
割引に割引を重ね、二度とまともな金額では購入してもらえません。

しかも、自分としては尽くした感があっても、それは相手には伝わっていません(笑)
挙句は「当然だよね」とさえ思われ、感謝すらしてもらえません(泣)

要は、それくらい現在は「半額セール」「特売セール」「売り切りセール」と、
安売り合戦だらけであり、そこに中途半端な価格差で参加しても
見向きもされないし、利益はもちろん、顧客獲得に至ることもありません。

ちなみに、10%割り引けば利益率は50%下がります(なんと半分!)

例)100円の商品でコストが80%、利益が20%とします。
90円で販売すればコストは変わらず80%、利益は10%になってしまいます。

それよりも重要なのは、付加価値を付け自分にしかできない満足感を提供することです。

「お得意さん」定義の勘違い

新規顧客を獲得することは、リピーターを獲得するコストの5倍はかかると言われます。
ですが、新規獲得に躍起になって、
肝心のリピーターとして継続してもらうことを怠っていることが多く
顧客流出を起こしている場合があります。

初めて購入される方は、未だ不安を抱いています。
2回目に購入されたとしても、まだ払拭しきれてはいません。
3度購入された方は、晴れてあなたの正式な顧客となります。
3度目の正直です(笑)

それくらいの緊張感は大切です。
しかも、その頻度は短ければ短いほど理想です^^

 

以上の2点を踏まえて、一体どうすればいいのか?
媚びない、口コミしてもらう、リピーター獲得に注力する、
この3つがとても大切です。

 

熊本の人材育成コンサルタントの籾田龍一でした。