マーケティングの基礎第2弾!もっとも基礎となる『売上を上げるための方程式』3つのポイント

Pocket

マーケティングコンサルタントの籾田龍一

おはようございます。

マーケティングコンサルタントの籾田龍一です。

 

今回はマーケティングの基礎第二弾として売上を上げるための基礎的な方程式について記載していきます。

まず、店舗でもネット通販でも対面式営業でも、売り上げを上げたいと思うのが常ではないでしょうか!!

 

しかし、売り上げを上げるといっても「さて、何をどうすればいいかな!?」「お客様が爆発的に増えるには!?」「何か新しいものを開発したほうがいいのか!?」

と、漠然とした考えが頭をよぎっているのではないですか?

 

そこで、より具体的な答えを導くため、もっとも基礎となる考え方の3つのポイントをお伝えしていきますので、その中で自分なりのヒントを見つけてください!

 

『売上を上げるための方程式』=「新規顧客」×「客単価」×「リピート率(購入頻度)」を上げていくこと!

 

それぞれを解説していきます。

 

新規顧客

マーケティングコンサルタントの籾田龍一

まず、とても重要な新しいお客様を獲得することは必須です。

世の中に、お客様の悩みを解決したり、喜んでもらうサービスや商品が自社だけしかないならばずっと愛用し、ファンとして購入し続けてくれるかもしれませんが、他の企業や違う角度で登場するサービスがどんどん現れてきます。

その中で、自社の商品・サービスを選んでもらうための新規顧客獲得のための活動は怠ってはいけません

 

特に、今の時代、世の中も人の心も移り変わりが激しいので、その都度自社なりの対応をしていかなければ時代に取り残されたり、大手に飲み込まれてしまうことにもなりかねません。

 

この新規顧客獲得については、もっとも大変なことで、あらゆる施策が必要になってきますので常にアンテナを張り、取り入れるべきものを見極めて業務を遂行していくべきです

客単価

マーケティングコンサルタントの籾田龍一

今まで提供していたの商品やサービスに加えて、付加価値のある新たなサービスを付随したり「おまとめコース」などのセット販売をメニューにすることで、お客様の選択も増え客単価向上への一歩となります。

わかりやすい例でいくと、化粧品売り場や通販番組を観てみると、もれなく客単価を上げるための施策がふんだんにちりばめられています。

 

また、飲食店でも、コース料理や、松竹梅コース、トッピングなど様々な要素を取り入れているのでそちらも参考にするものいいかと思います。

リピート率

マーケティングコンサルタントの籾田龍一

いわゆる購入頻度のことです。

一度購入してくださったお客様がそれっきりでは非常にもったいない。

リピートしていただくため、ファンになって頂くための仕組み作りも大切になってきます。

 

会員制、月額制、ポイントカード等も一つの方法でしょう!

その前にお客様が満足してくる商品やサービス、接客がもっとも重要になってきますが!

まとめ

売上を上げたいとだだ漠然と思うことも、こういうふうに細分化してみると、やるべきことが見えてきやすい状態になります!!

1つ例として、「売り上げを2倍にしたい」と思ったとき、「どうやったらお客様はいっぱいきてくれるのだろうか」とあやふやに思うのではなく、以下の考え方をしてみることでハードルが下がるのではないでしょうか!?

「新規顧客×1.3」×「客単価×1.3」×「リピート率×1.3」=2.19

 

一気にお客様を獲得するのばかりを狙うのではなく、それぞれを1.3倍にするだけで売り上げは2倍以上になる計算です。

 

こらはあくまで予想しうる計算で、実際とは大いに異なる上に業界やそのときの状況で対策は変わってきますが、ぜひこの考え方を参考にしてください!

 

マーケティングコンサルタントの籾田龍一でした。本日もご一読頂きありがとうございました!