インスタのリールってどんな機能?特徴と活用例をご紹介!

Pocket

熊本のマーケティングコンサルティングの和田真紗徳
こんにちは。熊本のマーケティングコンサルティングの和田真紗徳です。

いよいよ今年も残りわずかとなりました。

コロナウイルスの発生と共にスタートした2020年。世の中は大変な混乱に陥り、今では恐れていた第三波が押し寄せています。

そんな2020年を表す漢字は『密』だそうです。コロナ禍の“三密”、コロナ禍で人と人との心の距離が縮まった“密接”、政界、芸能界で多かった“秘密”。

2020年の自分を表す漢字一文字なら、何が一番しっくりくるでしょうか?(この辺りは次回のコンテンツで発表します!)

さて、今回はインスタのリールについて解説します。

リールとは何ぞや?


最近インスタでよく見かけるようになったリール機能。ストーリーとどう違うの?どうやって活用するの?そう思っている人も結構いるのでは。

リールについて大まかにまとめると…

・最大30秒のショートムービーが作れる
・初心者でも楽しく簡単に動画が作れる
・多機能で完成度の高い動画が作れる
・フォロワー以外の人も閲覧できる

よく、TikTok機能と似ているといわれています。インスタのTikTok版のような機能ですね。

今や世界的インスタグラマーともいえるべきインスタの女王、渡辺直美も面白いリールをアップしていますね。

リールはストーリーとどう違うの?


インスタにはストーリー機能もあります。可愛らしいスタンプや文字装飾を使って魅力的な動画を作れる機能ですが、リールとはどう違うかというと…

・24時間経っても消えない
・閲覧者の足跡がつかない
・検索タブに乗るので多くの人が見れる

スロット感覚で楽しめるものもあります。タップすると画面が止まる仕組みです。内容はさておき(笑)。

リールの活用例


2020年8月に導入されたリール。一般の人が楽しんでいるだけでなく、企業も宣伝のために活用し始めています。

ただ、まだ導入されたばかりなので活用方法はまだ模索中といったところ。

しかし、リールの特徴を生かせばより効果的な宣伝ができます。

リールは尺が短いので、訴えたい部分だけが抽出されます。つまり全体的に内容が凝縮するので、無駄のない効率的な宣伝動画を作ることができるのです。

まとめ

SNSとはもともと、社会的なネットワークを構築するサービスとして、個人と個人、または個人と企業をつなげるコミュニティ型のウェブサービスでした。

今では広告収入を主としたビジネスモデルとして広がりを見せ、ターゲティング広告がインフィード広告などでユーザーの画面に表示されるようになりましたね。

日々革新を続けているSNS運用。これからの展望には、あらゆる可能性が秘められていることでしょう。

本日もお読みいただきありがとうございました!次回は『今年の反省と来年の抱負』について発表いたします!
熊本のマーケティングコンサルティングの和田真紗徳でした。